syaga100の日記?

思い付いた事を書いていく雑記でございます。Youtubeやパソコン関係、他にも思い立って書くかも知れません。 

自作パソコンのススメ? その5 ~電源ユニットについて~

f:id:syaga100:20190216145326j:plain

 これが電源ユニット(の箱)です。

 

 電源ユニットって何かと言うとACアダプターみたいな物です。

 つまりコンセントまで来ている電気は「交流」なんですが、電子機器を動かすには「直流」にしてやらないといけません。

 その役目を担っているのがACアダプターでありこの電源ユニットです。

 

 ACアダプターと言えばスーパーファミコンを思い出しますね。

 コードをACアダプターにぐるぐる巻き付けてしまってたら断線した思い出が。それで二回くらい買い替えた記憶があります。

 

 さて、話を電源ユニットに戻します。

 写真の箱に500Wって書いてありますよね?これはパソコンで使える電力を500W取り出せるという意味です。

 例えば金に糸目を掛けず超高スペックなパソコンでネットゲームをバリバリやるとします。プレイ動画をYoutubeで配信なんかしちゃったりもします。となるとパソコンが必要とする電力が増えます。超高スペックともなれば1200W以上は必要ですね。

 例えば何となく動画が見れてちょっとゲーム出来れば良いかな、動画作ったりもしないし、という場合にはそこまで高スペックなパソコンは要りません。またCPUは処理性能を保ったまま消費電力を少なくする方向に進歩しています。なので500Wでも多いくらいですね。

 このように電源ユニットに求めるW数はどんなパソコンが欲しいかで変わってきます。当然W数が大きいほど高額になりますので作るパソコンに合った適正な物を選ぶことになります。

 

 ところで写真の500wの隣に80 PLUS BRONZEと書いてあるのが分かるでしょうか。

 この80 PLUSとは電源ユニットが交流を直流に変換した時に80%以上の変換効率を達成出来た電源ユニットに与えられる認証です。

 そしてこの認証にはランクがあります。

 ブロンズ

 シルバー

 ゴールド

 何やら聖闘士◯矢の聖衣みたいですがブロンズがゴールドを打ち破る事も、アテナの血によって翼が生えることもないです。まぁコストパフォーマンスの意味ではブロンズで良かったりはしますが。

 そしてゴールドの上にさらにプラチナとチタンがあります。もちろんランクが上がる程効率のいい良い電源という事になります。

 

 さらに電源ユニットのサイズにも規格がありますし、写真にあるようにプラグインなんて物もありますがそれはまた別の機会に説明します。

 

 それでは、今回はここまでです。

 次回はGPUについてお話します。